鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2021年12月号 VOL.34 NO.403

・[特集] 2022年BIMの動向と課題
・[gallery] ニチガス大型ハブ充填基地「夢の絆・川崎」
・[鉄のデザイン] “夢の絆・川崎”プロジェクト
・[News] 鹿島建設など5社 新たなデジタルヘルス証明の共同実証を開始
・[Event] 日本建築学会「アーキニアリング・デザイン展2021」を開催
・[Event] A-Forum KD研究会第0回 「熱く闘いし、構造家たち」
・[人HUMAN] 島村 高平さん

・BIM特集で取り上げられた多様なテーマ

 テーマは、Data-centric Designのすゝめ、構造設計部での取り組み、標準化の検証と実装、社外から社内へのフィードバック、分類体系とコストマネジメント、運用・維持管理段階のBIM活用、BIMを活用した複合現実、BIM活用の実践とビジョン、次世代BIM-FM、デジタル戦略、構造設計におけるBIMの取り組み、三次元配筋モデルの活用、DXに向けたBIMの可能性、BIMを活用したソフトエンジニアリング、BIMモデルを活用した効率的・効果的な設計。BIM教育の現状は、大学、高専、専門学校の計12校を紹介する。

・特集:2022年BIMの動向と課題

 Withコロナ時代を迎え、多様な働き方改革の推進により建築業界は設計BIM、施工BIM、維持管理など様々な方向性が見えてきた。国交省主導による建築BIM推進会議の活動も活発になってきた。今後、BIMはどのような方向に動くのか。設計各社の目指す方向性、BIMの使われ方、新しい取り組みや課題などのほか、約3年ぶりにBIM教育にもスポットを当てた。特集では、設計・施工16社がBIM適用の現状、今後の展開について執筆。BIMを主導する団体の最新の状況に加え、BIMツール・情報なども紹介する。

・連載:鉄のデザインにみる構造・施工の多様性

 第16回は「“夢の絆・川崎”プロジェクト—大型膜構造の海外調達<課題と展望>—」。川崎市・浮島に建設されたニチガス/LPガスハブ充填基地で、構造は鉄骨構造の屋根をテフロン膜材(0.8mm厚PTFE+ガラス繊維)で葺いた骨組膜構造。充填場とトレーラー置場で構成し屋根総面積は約7,500m2。作業者や職人の高齢化、若年層の人口減少や職種の多様化などに対応し、材料や構造物などを海外からの調達に委ね、コスト低減と効率化を図った。海外工場の選定、鋼管加工、コロナ禍による諸問題を解決して建設された。

特集:2022年BIMの動向と課題

BIM国際標準化団体「buildingSMART International」の標準化サミット会議報告
 ――山本 愛/遠藤 賢/足達 嘉信(鹿島建設)
標準化の進捗
 ――大越 潤(BLCJ建築部会 構造WG)
設計ワークフロー
 ――本多 裕作/鈴木 彩子(梓設計)
Data-centric Designのすゝめ
 ――富岡 良太/春田 典靖(Arup)
久米設計構造設計部での取り組み
 ――伊藤 央(久米設計)
標準化の検証と実装
 ――坂井 悠佑(日建設計)
社外から社内へのフィードバック
 ――武居 秀樹/吉原 和正/本間 智美(日本設計)
分類体系とコストマネジメント
 ――山之口 靖幸(松田平田設計)
運用・維持管理段階のBIM活用
 ――繁戸 和幸(安井建築設計事務所)
BIMを活用した複合現実
 ――中村 允哉(大林組)
BIM活用の実践とビジョン
 ――脇田 明幸(奥村組)
次世代BIM-FM
 ――矢嶋 和美/バタタマーシュ/細田正紀(鹿島建設)/伊藤 長磨(グローバルBIM)
清水建設のデジタル戦略
 ――今井 敬(清水建設)
構造設計におけるBIMの取り組み
 ――萱嶋 誠(大成建設)
三次元配筋モデルの活用
 ――小町 祐介(戸田建設)
DXに向けたBIMの可能性
 ――綱川 隆司(前田建設工業)
BIMを活用したソフトエンジニアリング
 ――岩永 将信(九州第一工業)
BIMモデルを活用した効率的・効果的な設計
 ――馬場 勇輝(安井建築設計事務所)
BIM教育の現状
 ――東北工業大学建築学部建築学科 許研究室/金沢工業大学建築学部建築学科 下川研
 究室/工学院大学建築学部建築学科 岩村研究室/芝浦工業大学建築学部建築学科建築
 生産マネジメント研究室(志手研究室)/東京工芸大学工学部工学科建築学系建築コー
 ス/早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科 石田航星研究室/学校法人鹿光学園
 青山製図専門学校 建築学部・インテリア学部/日本工学院八王子専門学校 テクノロジ
 ーカレッジ 建築学科/建築設計科/広島工業大学環境学部建築デザイン学科/米子工
 業高等専門学校建築学科(現在の1年生からは総合工学科 建築デザインコース)/麻
 生建築&デザイン専門学校建築工学科・建築学科・建築CAD科・BIMゼミ/東北工業大
 学工学部建築学科(建築学教育プログラム)
日本設計・オートデスク 国内のBIM本格的普及に向けて包括契約を更新
福井コンピュータアーキテクト 国産BIM建築設計・施工支援システム「GLOOBE 2022」
A&A(エーアンドエー)「Vectorworks 2022」を来年1月14日に発売
トプコン 「TOPCON “BuildTech”建築施工ソリューションセンター」
Archi Future実行委員会 「Archi Future 2021」開催
Product introduction
 ――エーアンドエー/オートデスク/グラフィソフトジャパン/福井コンピュータアーキ
 テクト/トリンブル・ソリューションズ/構造システム/ユニオンシステム/ソフトウェ
 アセンター/カルテック/ドッドウエル ビー・エム・エス/データロジック/ファースト
 クルー/テクリード/日本ファブテック/タイワ/日鉄建材

・[gallery] ニチガス大型ハブ充填基地「夢の絆・川崎」

●鉄のデザイン 連載 第16回

・“夢の絆・川崎”プロジェクト
 ――大型膜構造の海外調達<課題と展望>
 ―――法月 篤(TRA・K)/松井 宏彰/沐 宜平(台湾泰格開発)

●News

・鹿島建設 災害事例を見える化するシステム「鹿島セーフナビ(K-SAFE) 」開発
・鹿島建設 非GNSS環境下で自律飛行可能なドローン開発
・鹿島建設 「遠隔集中管制システム」を開発
・鹿島建設など5社 新たなデジタルヘルス証明の共同実証を開始

●Event

・超高層ビルに木材を使用する研究会 「第9期総会・記念シンポジウム」を開催
・日本建築学会 「アーキニアリング・デザイン展2021」を開催
・日本建築学会関東支部 「構造デザインフォーラム2021」を開催
・KD研究会第0回 「熱く闘いし、構造家たち」
・SASST 「鉄骨技術フォーラム2021」を開催
・構造システム・グループ 「建築とITのフォーラム 2021」開催

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクトの見方

●Strutec Data

・2021年8月の都道府県別建築着工面積/2021年9月の建築着工面積
・2021年度上期(4-9月)の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第42回〉 建設業に特化した自動化志向の現況
 ―――樋口 一希
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第137回 DXとTQC
 ―――藤盛 紀明
・真構造道場
 ――第76回 「平成元年の研究室」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 302
 ――「建築の 理学の精華 かぐわしき」
 ―――高橋 治

・人HUMAN 島村 高平さん(大成建設株式会社 設計本部 室長)


●表紙
ニチガス大型ハブ充填基地「夢の絆・川崎」

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間28,000円 ■6か月間15,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら