鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2021年8月号 VOL.34 NO.399

・[特集1] 鉄骨造建築の柱材・柱形式
・[特集2] 街並みに映える耐震補強
・[gallery] 栃木県総合運動公園陸上競技場
・[論文] 栃木県総合運動公園陸上競技場
・[論文] 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
・[鉄のデザイン] 名古屋インターナショナルスクール
・[人HUMAN] 永山 憲二さん

・鉄骨造建築の魅力―スタジアムなど3例に注目

 東京2020オリンピックが開催され、国立競技場や競技施設などにも市民の目が向くようになってきた。これらの建築物は外観だけではなく、耐震性能を確保し、のびやかな空間を実現するために、構造設計者の努力が随所で発揮されている。最新技術による施工も見逃せない。本号では、環境を“かたち”にする環境共生スタジアム「栃木県総合運動公園陸上競技場」や、継続進化を実現したテナントオフィス「T-FIT HATCHOBORI」、超高層オフィスビル「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の構造設計と施工を紹介する。

・特集1:鉄骨造建築の柱材・柱形式

 構造設計者らが、「多様化する建築構造用鋼材」を念頭に、意匠性あふれる鉄骨造建築、空間・立体構造物などの構造設計において「どのように柱材・柱形式を決定するか・したか」について、建築事例を元に最終決定までの検討プロセスを交えて執筆。事務所ビルなどのほか、柱の存在を考える、建築デザインと融合した高塔状比オフィス、超極細丸鋼柱によるエントランス空間の構築、挙動の異なる架構を一体化したMICE施設、フラットバーを柱材として用いるなど、多様なテーマにより計10のケーススタディーを紹介する。

・特集2:街並みに映える耐震補強

 ここ数年、地震や台風など大規模災害が各地で多発し、その都度建築物の被害や耐震性能が問われている。建築物の耐震性能確保はまさに「まったなし」の状況で改めて建築物の耐震補強がクローズアップされている。首都直下型地震、東海・東南海地震などM8クラスの巨大地震が予想される中、高層・超高層建物、老朽化した建築物の災害対策は急務。特集では、クラブハウス、尾鷲市役所本庁舎耐震改修、制震ブレースを用いた東京都特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を紹介する。

特集:鉄骨造建築の柱材・柱形式

柱の存在を考える
 ――衣袋 歩(佐藤総合計画)
ヒューリック王子ビル
 ――今井 大樹/藤田 啓史(松田平田設計)
H-CUBE MINAMIAOYAMA
 ――西倉 幾/山田 風人/吉原 正(三菱地所設計)
O-NES TOWER
 ――南 尚孝(大林組)
建築デザインと融合した高塔状比オフィス
 ――瀧 正哉(鹿島建設)
超極細丸鋼柱によるエントランス空間の構築
 ――村上 友規(竹中工務店)
挙動の異なる架構を一体化したMICE施設
 ――白井 遼(戸田建設)
フラットバーを柱材として用いる
 ――金箱 温春/岡山 俊介(金箱構造設計事務所)
千葉駅東口地区駅前広場バスシェルター
 ――徐 光/千葉 陽一(JSD)
BCHT®325TF/BCHT®385TF
 ――日鉄建材

特集:街並みに映える耐震補強

茨木カンツリー倶楽部クラブハウス
 ――田中 達彦(大林組)
尾鷲市役所本庁舎耐震改修
 ――横並 努(竹中工務店)
制震ブレースを用いた東京都特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化
 ――笠間 喜紀(青木あすなろ建設)
Product introduction
 ――神鋼鋼線工業/センクシア

・[gallery] 栃木県総合運動公園陸上競技場

栃木県総合運動公園陸上競技場
 ――環境を“かたち”にする環境共生スタジアム
 ―――山崎 慎介/井上 啓/奥野 親正/小塩 智也(久米設計)/藤森 啓祐(鹿島建設)

T-FIT HATCHOBORI
 ――継続進化を実現したテナントオフィス
 ―――今泉 祐樹/牛島 祐樹(戸田建設)

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 ――超高層オフィスビルの構造設計・監理
 ―――遠山 解(森ビル)/今鉾 淳史(山下設計)

●鉄のデザイン 連載 第12回

名古屋インターナショナルスクール
 ――異形ノードトラスへの挑戦
 ―――伊藤 潤一郎(Arup)/宮原 尚登(宮原一級建築士事務所)

●News

・センクシア 「スマートクロノス®工法」を発売
・コマツ産機・日鉄溶接工業 鉄骨溶接ロボット+FCWで型式認証を取得
・第一生命保険・清水建設 木造ハイブリッド構造オフィスビルの計画検討着手
・経済産業省・東京証券取引所 デジタル技術で変革に取り組む「DX銘柄2021」選定

●Event

・東京構造設計事務所協会「2021年定期総会」を開催
・日本建築構造技術者協会「第32回(2021年度)通常総会」を開催

●BIM News

・オートデスク デジタル技術でCOVID-19の影響を克服するための取り組み

●Project

・全国の建設プロジェクト
 ――ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image編
・全国の建設プロジェクトの見方

●Strutec Data

・2021年4月の都道府県別建築着工面積/2021年5月の建築着工面積

●Regular

・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第38回〉 官民共に進むBIM援用の現況
 ―――樋口 一希
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第133回 東日本大震災10年の復興資料を読んで
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第71回 色気のある建築
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第72回 「熱海市の土砂災害」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 298
 ――「マンハッタンの夜景」
 ―――水野 隆介

・人HUMAN 永山 憲二さん(三菱地所設計 構造設計部チーフエンジニア)


●表紙
栃木県総合運動公園陸上競技場

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間28,000円 ■6か月間15,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら