鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2020年7月号 VOL.33 NO.386

・[特集] BIMと働き方改革 ―アフターコロナの建築業界にむけて
・[gallery] 東京ガーデンシアター
・[Topics] 「AND賞設立記念シンポジウム」にむけて
・[Book Review] 山浦 晋弘著「3分で解く! 一級建築士試験 構造力学」
・[News] 国土交通省「建設業における新型コロナウイルス感染症予防対策
 ガイドライン」
・[News] 鹿島建設 耐火被覆吹付ロボットを施工中の建物の耐火被覆工
 事に実適用
・[人HUMAN] 藤田 正則さん

・With/After CORONA時代のライブ配信を紹介

 7月号は特集「BIMと働き方改革-今こそ埋めたいBIMのギャップ」をメーン企画に、新型コロナウイルス感染症の影響で急遽延期となり、開催当日(2020年4月4日)に予定されていた基調講演のみをYouTubeでライブ配信したA-Forum主催による「AND賞設立記念シンポジウム—アーキニアリング・デザインの世界」を、実際にスライド講演を行った斎藤公男氏(日本大学名誉教授/A-Forum代表)が要約版で紹介する。With/After CORONA時代の新企画。

・特集:BIMと働き方改革

 BIMは、各社が独自に構築しているため分かりにくい、ソフトに互換性はあるか、社内でもBIM推進にバラつきがあるなど、現実には様々な課題を抱えている。快適なBIM活用とはどのようなものなのか。また、新型コロナウイルス感染の影響を受け、設計・施工においても、ICTやIoTを駆使したこれまでとは異なる働き方改革に迫られている。設計・施工各社の取り組みに着目すると共に、変わりつつある建築業界の技術革新、働き方をクローズアップする。今こそ埋めたいBIMのギャップをテーマに行った覆面座談会にも注目。

・覆面座談会 今こそ埋めたいBIMのギャップ

 特集「BIMと働き方改革」のメーン企画として実施した覆面座談会のテーマは「今こそ埋めたいBIMのギャップ」。設計、ゼネコン、ファブ業界で働くBIM担当者計6人にBIM活用の実情について本音を話していただいた。テーマは①鉄構業界におけるBIMの課題②関連会社間でのギャップ—設計BIM、施工BIM構築の現状と適用③社内におけるBIM適用とギャップ④今後のBIMの展望についてなど。座談会を通して、設計、施工、鉄骨製作(ファブリケーター)における適用の実際・課題と今後の展開などが見えてくる。

特集::BIMと働き方改革―アフターコロナの建築業界にむけて

覆面座談会 今こそ埋めたいBIMのギャップ
 ――設計、ゼネコン、ファブ業界で働くBIM担当者の本音
BIM連携を可能とした建設ロボット プラットフォームの開発と取り組み
 ――永田 幸平(竹中工務店)
建設デジタルツインの構築
 ――細田 正紀/矢島 和美(鹿島建設)
モデルとリアルの狭間を繋ぐ
 ――田中 吉史(大成建設)
With/After CORONA時代の新たな鉄骨品質管理・監理
 ――小野 潤一郎(日建設計)
データ活用の課題と可能性
 ――武居 秀樹(日本設計)
+DESIGN SHIFT
 ――飯井 郁弥(三菱地所設計)
目指した変革を先取り
 ――繁戸 和幸(安井建築設計事務所)
New Normalに向けて
 ――一居 康夫/横田 成輝(大林組)
BIM用テレワーク環境整備
 ――和泉 智也/矢島 和美(鹿島建設)

変化するBIM collaboration
 ――矢号 智也(戸田建設)

ポストコロナの働き方
 ――綱川 隆司(前田建設工業)

継続可能な建設業の新スタイル
 ――宮内 尊彰(大和ハウス工業)

鹿島建設 建築工事の各フェーズでBIMによる「デジタルツイン」を実現
 ――・大林組 鉄骨BIMソフトへのデータ連携とデジタル承認を実用化
 ――・Autodesk Revit User Group 「RUG年次総会2020」をオンラインで開催
 ――・グラフィソフト オンラインセミナー・イベントへの取り組み
 ――・製品紹介
 ――オートデスク/グラフィソフトジャパン/トリンブル・ソリューションズ/ユニオ
ンシステム/ソフトウェアセンター/カルテック/ドッドウエル ビー・エム・エス/
データロジック/ファーストクルー/テクリード/日本ファブテック/タイワ/日鉄
建材

・[gallery] 東京ガーデンシアター

●Topics

・「AND賞設立記念シンポジウム」にむけて
 ―斎藤 公男(日本大学名誉教授/A-Forum代表)

●Book Review

・山浦 晋弘 著「3分で解く! 一級建築士試験 構造力学」
 ―大氏 正嗣(富山大学教授)

●News

・国土交通省 「建設業における新型コロナウイルス感染症予防対策ガイドライン」
・鹿島建設 耐火被覆吹付ロボットを施工中の建物の耐火被覆工事に実適用
・建築基本法制定準備会 「持続可能社会と地域創生のための建築基本法制定」発刊
・日本建築学会 「2020年日本建築学会賞」決まる

●Project

・全国の建設プロジェクト―ビル/商業施設/工場/学校ほか
・全国の建設プロジェクト―Image 編
・全国の建設プロジェクトの見方

●Strutec Data

・2020年3月の都道府県別建築着工面積/2020年4月の建築着工面積
・2019年度の推定鉄骨需要量
・2019年度の都道府県別推定鉄骨需要量

●Regular

・ドイツ・スペイン・ポルトガルの空間構造を訪ねて
 ――IASS(60anniv.)in Bercelona Tour
 ―――第5回 バルセロナ(2019/10/06-10)
 ――――監修:斎藤 公男/田中 晃(筑波技術大学)/田村 恵子(金箱構造設計事務所)/村田龍馬(村田龍馬設計所)
・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第25回〉 コロナ対策にもデジタルで対抗
 ―――樋口 一希
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第120回 大船渡震災復興物語
 ―――藤盛 紀明
・とある構造技術者がみた建築
 ――第58回 コンペゼミ
 ―――大氏 正嗣
・真構造道場
 ――第59回 「コンテナハウス」の巻
 ―――高橋 治
・リレーエッセイ 建築と私 285
 ――「建築を目指した理由?」
 ―――赤坂 憲一

・人HUMAN 藤田 正則さん(神奈川大学 工学部建築学科 教授)


●表紙
東京ガーデンシアター

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間28,000円 ■6か月間15,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら