鉄構造技術

超高層ビル、デザイン建築、空間構造など建築はますます多様化へ。

『鉄構技術』は鉄骨造建築の魅力を伝えると共に、ディテールなど細部にこだわり、設計、施工、ファブのコラボレーションを読者に伝えます。

オールカラーの「見やすい誌面」で、「読者の架け橋」となる雑誌へ。

2024年6月号 VOL.37 NO.433

・[特集] BIMの将来像
・[gallery] ミュージックテラス Kアリーナ横浜
・[論文] Kアリーナ横浜
・[連載] 空間構造を巡って 〜コロナ後の未来へ〜
 第3回 メルボルンその3
・[連載] 建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)
「鉄骨技術フォーラム 2023」
 -鉄骨造建築物の構造設計・部材製作等における疑問に答える-
・空間構造デザイン研究会(KD研) PartⅠ 空間と構造の交差点-話題のプロジェクトやテクノロジーをめぐって 第12回
 特別企画 No.3「出雲+鳥取の空間構造を訪ねて」
・[人HUMAN] 山本 敦さん

・特集「BIMの将来像」

 6月号特集は「BIMの将来像」がテーマ。2025年に試行されるBIMデータを用いた確認申請など、今後のBIMを取り巻く環境について国交省、団体、各社のBIM関係者らが紹介。論文「Kアリーナ横浜」では、日本初の2万人規模の扇状の音楽アリーナの設計・施工・鉄骨製作の詳細を紹介。鉄骨造建築の実務に役立つSASST(建築鉄骨構造技術支援協会)主催「鉄骨技術フォーラム2023」の鉄骨Q&Aの連載は、今回で最終回となる。

特集:BIMの将来像

建築分野のDX施策の動向と業界への期待
 ――藤原 健二(国土交通省)
官庁営繕事業におけるBIM活用の取組
 ――滝本 悦郎(国土交通省)
審査タスクフォースの現状
 ――武藤 正樹(建築研究所)
標準化タスクフォースの現状
 ――三戸 景資(清水建設)
BIM 国際標準化団体「buildingSMART International」の標準化サミット:スペイン・バレンシア会議報告
 ――足達 嘉信(buildingSMART Japan/鹿島建設)
標準化とBIMデータ連携
 ――山本 敦(東畑建築事務所)
構造BIM審査実現に向け
 ――大越 潤(BIMライブラリ技術研究組合)
パラメータから仕様書・標準図に
 ――伊藤 央(久米設計)
今後のBIM確認審査について
 ――坂井 悠佑(日建設計)
構造確認審査におけるBIM活用
 ――武居 秀樹(日本設計)
openBIM CDE CatendaHub
 ――伊藤 長磨(グローバルBIM)
合成スラブの適合判定をDX化
 ――北沢 宏武(大和ハウス工業)/郡 泰明(日鉄建材)
Product introduction
 ――オートデスク/グラフィソフトジャパン/トリンブル・ソリューションズ/福井コンピュータアーキテクト/ベクターワークスジャパン/構造システム/ソフトウェアセンター/カルテック/タイワ/テクリード/ファーストクルー/日本ファブテック/ドッドウエル ビー・エム・エス/データロジック

・[gallery] ミュージックテラス Kアリーナ横浜

建築鉄骨構造技術支援協会(SASST) 「鉄骨技術フォーラム 2023」
 ――鉄骨造建築物の構造設計・部材製作等における疑問に答える
 ―――連載2 編集部

Kアリーナ横浜
 ――ミュージックテラスの核となる世界最大規模の扇状音楽特化型アリーナ
 ―――森 雄矢/佐々木 大河(梓設計)/佐藤 憲一/菅野 智義(鹿島建設)/遠藤 俊志/中村 和則(日鉄エンジニアリング)

●News

・オートデスク 「Autodesk AutoCAD 2025」などリリース
・神戸製鋼 「2024年度 神溶会全国総会」を開催
・日本製鉄 高強度ハイパービーム®「NSYP®358B」販売開始
・戸田建設 「自己復元型トリガー機構付きオイルダンパー」開発
・竹中工務店 トリンブル・ソリューションズとBIM活用意見交換会

●BIM News

・トリンブル・ソリューションズ 「テクラ・ユーザーデイ 2024」を開催

●Project

・全国の建設プロジェクトの見方
・全国の建設プロジェクト

●Strutec Data

・2024年2月の都道府県別建築着工面積/2024年3月の建築着工面積
・2023年度の着工面積と鉄骨需要量

●Regular

・空間構造を巡って 〜コロナ後の未来へ
 ――IASS2023 IN オーストラリア・シンガポール建築視察
 ―――第3回 メルボルンその3
 ――――森 雄矢(梓設計)/井戸川 達哉(元梓設計(現 東北三興設計事務所))/倉田 高志/塩見 拓馬(日鉄エンジニアリング)/髙山直行(竹中工務店)/ 宮里 直也(日本大学理工学部)監修
・空間構造デザイン研究会(KD研)
 ――PartⅠ 空間と構造の交差点-話題のプロジェクトやテクノロジーをめぐって
 ―――第12回 特別企画 No.3「出雲+鳥取の空間構造を訪ねて」
 ――――斎藤公男(A-Forum)
・A∩C:建築とコンピューター
 ――〈第72回〉 ロボットと人が共生するプラットフォーム構築への挑戦
 ―――樋口 一希
・リレーエッセイ 建築と私 332
 ――「恩師との出会い」
 ―――船木 尚己
・建設関連産業の未来のための技術評論
 ――第167回 能登半島地震(その2)
 ―――藤盛 紀明
・真構造道場
 ――第106回 「君にかける橋」の巻
 ―――高橋 治

・人HUMAN 山本 敦さん(東畑建築事務所 主管)


●表紙
ミュージックテラス Kアリーナ横浜

主な紙面構成 特集/新製品・新工法
フォト・トピックス/座談会・対談/業界ダイジェスト
発行日 毎月28日発行 発行部数 10,500部(回読率約18人)
判形 A4判 読者数 189,000人
頁建て 100~116ページ サンプル こちらからサンプルがpdfでご覧頂けます。
購読料 ■1年間28,000円 ■6か月間15,500円 (送料・税込)(予約前納制) 媒体資料 こちらから媒体資料がpdfでご覧頂けます。

▽サービスについてのお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはフォームよりお願い致します▽

株式会社
鋼構造出版
ホームページからのお問い合わせはこちら